織って作るがま口制作キット | 手織しおりのオンライン講座

1/11

織って作るがま口制作キット

¥2,750 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

ご自分で織って作って頂くための「手織り布のがま口制作キット」【難易度③】です。

織りは 糸の織り合わせで織色が作られます。
栗・梨・サツマイモそして柿・・・美味しい秋の色で織ってみませんか?
ほっこり優しい織色になります。

織り糸は 焦茶色・黄土色・カーキ色・薄い黄色と 赤茶系のさし色です。
和名では 栗皮色・黄土色・媚茶色(鶯色よりも茶色がかっていて江戸時代に流行った艶っぽい色)・枯野色(冬枯れしたススキの原のような薄い黄褐色)

日本の色の表現って素敵ですね。


糸で見るときよりも 織ってみると素敵で 形にするともっと素敵です。

50羽を使用し、縦 80cmの糸を180本通して織ります。
30cm織るだけですから 毎日5cm・・・25段づつ織って6日で織り上がります。
一気に織り進める方は 半日?いやもっと速いかもしれません。

そして充分洗って 接着芯を貼ってから手縫いでチクチク・・・

もちろんミシンなら時短になります。

プレゼントに使っていただいても、手織り小物のあたたかさをきっと喜んでいただけると思います。


<がま口について>手作り屋万莉さんのショップで販売中の口金です。
幅12cmの口金を使用しています。
押し口という形状で お年寄りや小さなお子様も開閉しやすいユニバーサルデザインです。
また 口も大きく広がりますので中が見やすく使いやすいです。
(仕上がりポーチサイズ 縦 約9cm 横 約13cm 幅約3cm)


<難易度について>手織しおりの織って作るシリーズの中では難易度③の中級キットです。
仕立て自体は難易度②ですが、糸が細目で50羽を使用しますので中級になります。
手縫いでも作れます。織布は解けやすいですが、縫いやすい接着芯を貼ってから仕立てます。
手織布で作る際の注意点のレシピもついていますので、レシピや動画のQRコードを読み取って繰り返しご覧になりながら制作できます。


<キット内容について>
制作に必要な材料はすべてセットしました。
*キットに含まれるもの
・織糸
・内布
・接着芯
・口金
・型紙レシピ
・手織り布で作る場合の注意点レシピ
クローバー製の織機「咲きおり40cm」を使用してのレシピです。他社の織機の場合はレシピを読み替えてください。
基本の裁縫用具と がま口制作用に 目打ち・ドライバー・ペンチ・あて布・手芸ボンドをご用意ください。

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,750 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品